まだ考えてもない

管理人が気まぐれで書いた詩の貯め置き場。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はじまり

「この右手は何も生まない」
「無駄に血色を失っただけ」
「冷え切った体の一部分だ」


自虐といういらない感情を
ボクは捨てきれない

表面上のもっともらしい哀れみを
裏で独り慰めている


何もしてないのに
何もできないのだと

誰かがそう言った訳でもないのに

底の浅い海で足をもたつかせているように


いっそ 諦めてしまえばいいのに
それを 頑なに拒否する願望が生まれた

だから この想いの全てを
そこに 乗せることにした


誰かに共感される
絵を描けなくても
歌を歌えなくても
曲を作れなくても

言葉ならつづれる
形にできるから


ボクは詩を書き始めたんだ

スポンサーサイト

テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

  • 2012/11/22(木) 11:57:23 |
  • |
  • #
  • [ 編集 ]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

  • 2013/01/18(金) 03:29:13 |
  • |
  • #
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://opte17ki.blog91.fc2.com/tb.php/1-929df50c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。